風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 求人記事一覧 > Q&A > パピヨン通信Q&A【お給料と待遇編】

パピヨン通信Q&A【お給料と待遇編】

2017.03.10

求人 | Q&A

記事画像

風俗に限らず、まったくの未経験で新しい世界に飛び込んでいくときにはわからないこと、不安なことがたくさん出てくると思います。
期待感よりもむしろ疑問や不安感が大きくて、第一歩を踏み出せないという女性もいらっしゃるのでは?
特に風俗業界は、女性がお客さんになることもないため、内情をつかみにくくて余計に疑問や不安感が大きくなってしまいがちです。

そこで、今回は多く寄せられる疑問にお答えしたいと思います。 特にここではお給料や待遇についての疑問をピックアップしてみました。

「今すぐお金が必要ですが、どのくらい稼げますか?」

質問

今日か明日中に支払わなきゃいけないお金があるんですが、財布がカラです(泣) 風俗店で働こうと思うのですが、明日までにどれくらい稼げるでしょうか?

回答

風俗店では、入店初日から日払いで万単位のお金をゲットできます。
お店ごとに金額はまちまちですが、「1日3万円以上は稼げる」が基本です。
初日と2日目で、つまり今日から始めれば明日には6万円以上手にすることができます!
高級店や人気店だと1日で5~10万円くらい稼げるところもあるようなので、容姿に自信がある女性はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

基本的なお給料システム

風俗のお給料のシステムは、「歩合制」です。
お客様がコースを選んでお店に支払う料金から、女性のお給料が出る仕組みになっています。大体5~6割が取り分として手渡されることになっているようです。
つまり、1日働く中で付いてくれたお客様の数やコース時間の長さで金額が決まります。
お客様の数が多く、コース時間が長ければ、その分だけお給料の額もどんどんプラスされていく感じです。
さらに、お客様が女性を指名するときには「指名料」を支払います。このお金はまるごと女性の取り分になります。

たとえば「60分コース18,000円、指名料1,000円」のお店なら、1日で3人のお客様が付いてくれればその日のお給料は3万円になります。
18,000円の6割は10,800円で、指名料がプラスされて11,800円。それが3人ですから35,400円となります。
税金や雑費などが引かれることを考えても、3万円以上は確実に残るのです。
入店したての新人さんは、「慣れていない感じが逆にいい」ということでお客様からのウケがよく、指名も取りやすく稼ぎやすいので、期待していいと思います。

「掛け持ちで働こうと思いますが、勤務時間はどのくらいですか?」

質問

介護士として働きはじめたんですけど、お給料がパッとしなくて困ってます。
掛け持ちで風俗のお仕事を始めようかな、と考えているのですが可能でしょうか?
あと、本職に支障が出るのは困るので、勤務時間のことも教えてもらえるとうれしいです。

回答

ほかの業界でのお仕事、いわゆる「昼職」との掛け持ちは可能です。昼職に支障が出ないよう、勤務時間をある程度自由に決めることもできます。
風俗業界には、ビジネス街で普段はOLさんとして働く女性や、それこそ質問者さんのように介護の業界で、あるいは看護師さんとして働きながら、空いた時間に出勤している女性は少なくありません。
大学や専門学校に通いながら働いている女性もいますし、自営業をしながら風俗を副業にしている女性もいます。

私の友人にも、自宅でエステサロンを開業したものの、軌道に乗るまではなかなか食べていくのが難しくてエステ系の風俗店で働いていたという女性がいました。
彼女は自分のサロンを経営しながら風俗エステでお金を稼ぎ、エステの腕にも磨きをかけ、現在ではサロン経営者としてまずまずの成功を収めているようです。

「自由出勤」が風俗業界の基本

風俗業界にはいくつかの「お約束」があり、中には働く女性にきわめて有利なものも少なくありません。
「自由出勤」が基本になっていることも、そのひとつと言っていいでしょう。
自由出勤とは、文字通り自分で自由に勤務時間を決められること。
お店によっては週1出勤でOKというところもありますし、なおかつ1日の勤務時間が3時間ほどでも構わない、というところもあります。
「土日のみ」「仕事終わりの夜の数時間のみ」など、それぞれの事情に合わせて勤務時間を決められます。

「今週は本業がヒマなので週5で入れますけど、そのあと2週間くらいは本業が忙しいので休みます」
このような、ほかの業界では無茶に思われるようなことでも、この業界ではいたって普通のことです。
できるだけ心身ともに負担が少なく、そしてしっかり稼げるようにじっくり考えてみてください。

まとめ

風俗のお仕事は、決してラクなものではありません。つらいこともあるかもしれません。
しかし、少なくともお給料や待遇は女性にとってかなり良いものになっています。
急にお金が必要になったときや、絶対にゆずれない条件があるとき、ある程度は自分の思い通りにすることができます。

パピヨンジョブでは各店のページで、お給料や待遇の情報をまとめていますので、応募する前にはぜひチェックしてみてください!