風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 求人記事一覧 > Q&A > パピヨン通信Q&A【家族や知人バレ編】

パピヨン通信Q&A【家族や知人バレ編】

2017.07.07

求人 | Q&A

記事画像

風俗業界に挑戦する皆さんの疑問・質問にお答えする、パピヨン通信Q&A。
今回は、「家族や知人に風俗で働いていることがバレたら困る」という女性から寄せられることが多い疑問・質問にお答えしたいと思います。
風俗業も立派な職業のひとつであり、「職業に貴賤なし」が現代社会の価値観ですが、やはり親しい人に知られてしまうのは避けたいというのが本音だと思います。
「バレたら困る。どうしたらいいの?」と悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

「風俗で働いていることを内緒にしたいんですけど…」

【質問】

どうしても早めにたくさんお金を貯めなければいけないので、風俗で働きたいと思っています。
でも、結婚を視野に入れて付き合っている男性もいるので、誰にもバレたくありません。内緒にしたままお仕事をする方法ってありますか?
ちなみに私は現在求職中の身なので、時間の融通は利きます。

【回答】

先に回答からすませてしまうとすれば、「内緒にしたままお仕事をする方法」はあります。
ご家族にも、それからお付き合いをしている男性にも知られることなく、安心して働けます。
というのも、風俗店の多くが「アリバイ会社」と提携しているのです。

「アリバイ」といえば推理小説によく出てきますが、「そのとき他の場所にいたことの証明」という意味の言葉です。
風俗店と提携しているアリバイ会社は、あなたが風俗ではなく、別のお仕事をしていることを証明します。
「別のお仕事」としてよく選ばれるのは「コールセンター」「テレアポ」のような職業で、アリバイ会社では社員証、給与明細、名刺などを発行してくれます。
名刺にはアリバイ会社の電話番号が載っているので、たとえばご家族に疑われて電話されてしまったとしても、電話を取った先のアリバイ会社の人が、「コールセンターで働いていること」を説明してくれます。
特に、質問者さんは「求職中」とのこと。
アリバイ会社に合わせて出勤時間などを考え、働く時間を合わせるとよりしっかり働いていることを隠せるでしょう。

自分から言わない限りバレません!

「風俗で働いていることがバレてしまった……」
実は多くの場合、「自分で言ってしまう」ということが原因になっているケースが多いようです。
女子会などをしているとき、ついつい仲の良い友達に打ち明けてしまい、その友達が別の機会にうっかり口をすべらせてしまう、といったケースがあります。
アリバイ会社と提携している風俗店であれば、必要な書類も出してくれますし、電話をかけられた場合もアリバイを守ってくれます。
あとは、働く女性自身がしっかり気をつけることで「内緒にしたままお仕事」ができるのです。

「働くことになったら顔出ししないといけないんでしょうか?」

【質問】

良さそうなお店を見つけたのですが、応募をためらっています。
知り合いに風俗で遊ぶのが好きな男の子がいて、彼が「遊ぶときはネットで女の子の写真を見て選ぶ」と言っていたんです。
質問なのですが、働くことになったらネットに私の写真も載って、顔が出てしまうんでしょうか?
知り合いに見つかって、そこからまわりにバレたりしたら、とても困ります。

【回答】

確かに、風俗店のサイトには働く女性を紹介するページがあって、女性の画像が載っています。
顔や体がしっかり出ている画像もあるでしょう。
しかし一方、サイトには「顔出し」をしていない画像もあるはずです。
お店に申し出れば、顔を写さないように首から下だけを撮ったり、顔にボカシをかけたりしてもらうことができるのです。

「でも、体の線とかホクロとかでバレちゃうかも?」という女性もいらっしゃるでしょうが、ボカシを入れたりするのと同じように、風俗店のサイトに載る画像は大なり小なりさまざまな修正が行われます。
ホクロなどは瞬時に消すことができますし、体の線をちょっと細めにしたりしてパッと見は分からないようにしてくれます。
このように、きちんと修正済みの画像を載せることができるので、少なくとも「ネットでバレる」ということは防げるのです。

地元から遠いエリアで働くことも方法のひとつ!

質問者さんのように、知り合いが風俗好きの男性がいてバレるのが怖いという場合は、あえてお住まいのエリアから離れたところでお仕事を探すのもひとつの方法です。
交通費を出してくれるお店や、夜帰りが遅くなったときは車で送ってくれるというお店もあります。

また、店舗型のファッションヘルスなどでは受付にカメラを設置し、来店するお客様の顔を女性が待機所のモニターでチェックできるようになっていますし、出張型のデリバリーヘルスでも、家族や知人が住んでいる地域をNGエリアに指定できるようになっています。
このような取り組みを行っているお店であれば家から遠くても安心して働くことができるでしょうし、知り合いの男性がお客様として訪れてバッタリ顔を合わせてしまう、という最悪の展開も防ぐことができるでしょう。

まとめ

風俗店ではさまざまな対策を講じて、いろんな意味で働く女性を守ってくれます。
外部のアリバイ会社と提携するのではなく、風俗店とともに別業種の会社やお店を経営して、そちらで働く女性としてアリバイ対策をしてくれるお店もあります。
パピヨンジョブでは「アリバイ対策万全」「車送迎あり」などの待遇を用意したお店の求人を紹介しています。
ぜひチェックしたうえで、応募してみてください!