風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 求人記事一覧 > 体験談 > デリヘルで働くきっかけはこうでした!私が風俗嬢になった理由

デリヘルで働くきっかけはこうでした!私が風俗嬢になった理由

2017.12.13

求人 | 体験談

記事画像

今回のパピヨン通信は、「風俗嬢のお仕事体験談」です。
今、業界でもっとも求人の数が多いといわれているデリヘルでお仕事をしている女性にお話を伺いました。
彼女が風俗というお仕事を選んだ理由、そして現在のこと……。

これからこのお仕事にチャレンジしてみようかと考えている女性は、ぜひチェックしてみてください!

自由に働けるお仕事を探して…

はじめまして。
私は今、とあるデリヘルのお店でお仕事をしています。
今回はそんな私の体験談が載るということで、うまくお伝えできるかわかりませんが何とかやってみようと思います。
よろしくお願いします!

高校から大学に進学して、勉強して、就職を決めて卒業して、社会人になって……そんなフツーの女子として生きてきた私ですが、旅行代理店に勤めはじめて1年と少し、23歳の秋に風俗嬢になりました。
社会人としてぺーぺーの女子が風俗嬢になる、それだけ聞いたら何か深刻な理由があるんじゃないかと思われそうですけど、そうじゃないんです。
確かにまわりには、「彼氏が働いてくれなくて」とか「親が……」みたいな女の子もいないわけじゃないんですけど、私の場合は趣味に時間をかけて、やりたいことをやって自由に生きるために風俗嬢という仕事を選びました。

最初は、昼のお仕事と並行してやってました。
私の趣味はけっこう時間とお金がかかるものなんですが、最初はどうしてもお金が必要だったので掛け持ちでできるお仕事を探して、見つけたのがデリヘルだった感じです。
24時間いつでも働けて、しかも3~4時間働くだけでお金をたくさん稼げる!というところがよかったです。

風俗嬢にシフトチェンジ!

私、実は山登りが趣味なんです。
日帰りハイキングみたいな感じで行くのも好きだし、しっかり装備を整えて、日にちをかけて高い山に挑戦するのも好き。
黙々と空を目指して歩いていると何だか心が晴れやかになります。
空気がどんどんきれいになっていくのがわかるのもいいですね。

でも、山登りの道具ってけっこうお金がかかるし、私は海外の山も日本の山とはまた違った表情があって好きなのですが、登ろうと思ったらやっぱりお金や時間がかかります。
風俗のお仕事は、そんな私にとってピッタリでした。

OLと並行してやり始めたのは、ちょうど仲間と一緒に初めての冬山に挑戦しようと話していたときで。
せっかくなら今後も使うだろうし、レンタルじゃなくて自分の道具一式が欲しいなって思ったんですけど、いろいろ事情が重なって貯金もできなくて、手っ取り早く稼げる方法はないかと思って、いろいろ考えたんですけどこの業界しかないかなって。

さっきも言ったみたいに、私にとってデリヘルのいちばんの魅力は自由に時間を決めて働けることでした。
お昼の仕事が終わったあとで、夜3時間くらい出勤するだけでちゃんと何万円かお給料が出る、というのがうれしかったです。
おかげで、1ヶ月掛け持ちでお仕事をした結果、欲しかったものはそろえることができました。
で、そのうちに気づいちゃったんです。
もしかしたら昼のお仕事を続けるより、本格的に風俗嬢になっちゃったほうが私に合ってるんじゃないかって。

旅行代理店の仕事は楽しいんですけど結構ブラックなとこもあって、残業続きになったりとかすることも多いんです。
長い日数、体をあけて予定をかっちり組んで山に登るって実はなかなか難しかったりして。
しかもですね、よくよく計算してみると、たとえばみっちり1ヶ月デリヘルに出勤すれば次の1ヶ月はまるまる休んでもまあまあ生活に困らないくらいは稼げるってことがわかったんです。
なので、思いきって旅行代理店のOLから風俗嬢にシフトチェンジすることにしました!

自分中心で生きていける!

そんな感じで、私はデリヘルで働くようになりました。
お店にもよるんでしょうけどウチはホントに完全自由出勤が徹底していて、1週間ごとにシフトを出す感じなので助かってます。

今は、ココ登りたい!っていう山を見つけたら計画を立てつつお仕事をして、長い休みをとって登りにいく感じで生活しています。
さすがに1ヶ月まるまる休むっていうのは、指名してくれるお客さんが離れちゃうかもしれないので難しいんですけど。
でも10日間くらいなら普通に休みをとって趣味にあてることができるし、今は週に4日出勤することにして週3日間はゆっくり体を休めているので、体力的にも問題はないです。

なんていうか、今の私は100%自分中心に生きていってる感じがします。
私のしたいことがまずあって、そのうえでお金を稼ぐためにお仕事がある。お仕事ありきで生活しなくていいっていうのは風俗ならではのものじゃないかな、と思います。
時間の融通がきく掛け持ちのアルバイトを探している人とか、生活が仕事中心になってて窮屈な思いをしてる人とかには、ぜひこの業界をオススメしたいなと思います!