風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > サロン > サロンで働くその前に!メリットとデメリットを押さえよう

サロンで働くその前に!メリットとデメリットを押さえよう

2018.06.19

職種 | サロン

記事画像

今回パピヨン通信でピックアップするのは、たくさんある風俗業種の中でも特に長い歴史を持ち、現在も男性から安定した人気を保つ「サロン」です。この業種のメリットとデメリットについて詳しくまとめてみたいと思います。

ピンクサロン、略して「ピンサロ」と呼ばれることもあるサロンは、店舗が“駅チカの繁華街に多い"という特徴があります。老若問わず、日々多くの男性客が足を運ぶ理由は、そのアクセスの良さにもあるとも言えるでしょう。

「たくさんの利用客が足を運ぶ=お店の売上が多い=女性のお給料も安定」というのがサロンで働くメリットのひとつですが、他にはどのようなものがあるのでしょうか。また、逆にどのようなデメリットが考えられるでしょうか。

メリット

サロンの店内はネットカフェや漫画喫茶のようにパーテーションで区切られており、そのスペースはソファひとつ分程。そのソファ席でお客様にサービスを提供するのがサロンでの主なお仕事です。

お給料のシステムは「時給+歩合」で、時給相場は1時間3,000~4,000円。さらに接客1回につき1,000円の「接客バック」が発生し、またお客様に指名された場合は3,000円程の「指名バック」がつくというシステムです。

接客数や指名数が少ない日でも時給分は保障されるので、しっかりと時間をお金に換える事ができるのは大きな魅力と言えるでしょう。そのほか、サロンには以下のようなメリットが考えられます。

安心感は断トツ!

ファッションヘルスやソープランドは店舗の中の個室で、デリヘルはお客様の自宅やラブホテルの一室で…と、多くの風俗は密室でのサービスが求められます。
お客様と1対1で接するという点はサロンもヘルスやソープと変わりませんが、サロンの場合はパーテーションで区切ったスペース内でサービスを提供します。

男性スタッフの目が届きやすいある程度オープンな環境なので、その他の風俗業種に比べて安心感は断トツだと言えるでしょう。仮に、お客様が基本サービスにはない無茶な要求を突きつけてきたとしても、サロンであれば手を上げるだけで男性スタッフが飛んできて対処してくれます。

容姿・年齢に関係なく働ける!

多くのサロンでは、お客様が恥ずかしがらずに楽しめるよう店内の照明を暗くし、BGMは大きめにしています(もちろん、男性スタッフが全席を把握できるくらいの明るさは保たれています)。照明が暗めということは、顔や体の細かいところまで見られないということ。
また、サロンでは1回の接客が20~30分となっていて、最長でも60分です。接客時間が短めということは、お客様がじっくり女性を観察するような時間がないということです。

例えば「パッとしない顔なので自信がない」「お腹に帝王切開の跡があるので恥ずかしい」というような問題も、「テクニックには自信があるけれど年齢的にお客様に喜んでもらえるか不安」という女性ならではの問題も、サロンならそこまで深刻に悩む必要はありません。サロンを好むお客様の多くは、ルックスよりテクニック重視。サービステクニックを磨くことで、より多くの「指名バック」を期待できるようになるでしょう。
この2点が「サロンは容姿・年齢に関係なく働ける!」というメリットです。

デメリット

安心感をもって働くことができ、容姿・年齢を気にせずともテクニックを磨く努力次第で稼げるようになる。そんなメリットがある一方で、サロンはこの業種ならではのデメリットがあります。

衛生面に注意が必要…

ファッションヘルスやソープランドは、お客様と2人で過ごす個室にバスタブやシャワーを備えた浴室スペースが設けられています。まずはそのシャワーで汗を流し、ボディソープで体を洗い、隅々まできれいにするというのがサービスの流れです。また、デリヘルやホテヘルの場合もお客様の自宅やホテルのシャワールームで体を洗うところからサービスがスタートします。

一方、サロンは浴室スペースがありません。代わりに用意されているのはおしぼりです。これを使用してお客様の局部をきれいにしたうえで、サービスを行うことになります。おしぼりには消毒液をつけ、また女性は接客前に殺菌作用のあるうがい薬を使いますが、やはりしっかりとシャワーを浴びるヘルスやソープに比べると衛生面に注意が必要と言えるでしょう。

まとめ

今回はサロンのメリット、デメリットについて紹介しました。
シャワーなどが存在しない為、ほかの業種に比べて衛生面で不安が残ります。ですが、男性スタッフが目を光らせているので安心であること、容姿や年齢に左右されることなく安定して稼げるというメリットは大きいと言えます。
また、衛生面の不安は日ごろから定期的な性病検査をしっかり受け、おしぼりやうがい薬をしっかり使うことを心がければ解消できるでしょう。

以上の点を心に留めつつ、是非お仕事にチャレンジしてみてください!