風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > SM・M性感 > 「S嬢」?「M嬢」?向いているのはこんなタイプの子!

「S嬢」?「M嬢」?向いているのはこんなタイプの子!

2017.08.18

職種 | SM・M性感

記事画像

パピヨン通信が今回取り上げるのは、「SMクラブ」のお仕事です。
SMクラブはノーマルなヘルスサービスのお店とは違う特殊なサービスを行うことが多い業種なので、お客様がお店に支払う料金、そしてそこから出る女性のお給料の額も高く設定されています。
「できるだけたくさん稼ぎたい!」というとき、選択肢のひとつとして挙げられる業種なのです。

とはいえ、初心者の女性の中には「SとM、どっちで働けばいいの?」と思ってしまう方も多いでしょう。
そこで、今回は「S嬢」と「M嬢」に向いている女性のタイプについてそれぞれ解説します。

「S嬢」向きのタイプ

SMクラブの「S嬢」は、女性に責められることを求めてSMクラブを訪れるMのお客様に対して、さまざまな「責め」のサービスを行うというお仕事をします。
昔ながらの本格的なSMクラブでは、黒革のボンデージ衣装を身につけてムチをふるったりロウソクを垂らしたりするようなこともあるようですが、最近ではお客様を手錠やロープで拘束したうえで「手コキ」「踏みつけ」といった比較的ライトな責めのプレイでフィニッシュへと導くソフトSMのお店も増えています。

そんな「S嬢」に向いている女性としては、もちろん「プライベートでも責められるよりは責めるほうが好き」という方が挙げられますが、それ以外にも求められる資質があります。
それは「研究熱心であること」です。
たとえば、男性を縛って手コキをするときには、「言葉責め」も交えるのが基本。
ただ黙々と手コキをするのではなく、絶えずお客様を辱めたり罵倒したりして、マゾなお客様の体だけでなく心も満足させる必要があります。

とはいえ、「言葉責め」は単なる悪口ではいけません。
どんな言葉や言い回しを使えばいいのか先輩の「S嬢」やお店の男性スタッフに相談したり、ネットで調べてみたりして知識をつけていくことが必要です。
身につけた知識をお仕事に活かせば、よりお客様に楽しんでもらい、信頼できる「S嬢」として長く指名してもらえるようになるでしょう。

また、特に本格的なSMクラブでよく見られることですが、「S嬢」として働く前に「M嬢」も経験することが求められる場合があります。
「責められる側」の気持ちも理解できるようになることで、より「S嬢」としてお仕事をするためのコツをつかめる、ということから求められているようです。

SMのSは、もともとは性行為の際に相手に痛みを与えたりする性癖を意味する「サディズム(Sadism)」の頭文字をとったものですが、風俗業界では「Sはサービス(Service)のS」ともいわれます。
好き放題にふるまっていいというわけではなく、サービス精神を持ってお仕事についてしっかり研究するという姿勢が求められるのです。

「M嬢」向きのタイプ

「M嬢」は、簡単にいえば「S嬢」とは逆に「お客様に責められる」のが基本になります。
本格的なSMクラブではムチで叩かれたりロウソクを垂らされたりしますが、専用のムチやロウソクはケガをするほど痛くもなく熱くもないので、健康を害してしまうようなことはありません。
また、最近増えているソフトSMのお店なら手錠で拘束されたうえでバイブレーターなどを使ってライトに責められるのが基本なので、より肉体的な負担は軽くすむでしょう。
そんな「M嬢」に向いているのは、たとえば「プライベートでもちょっとだけ乱暴にされたりお尻を叩かれたりすると興奮する」という女性であるといえるでしょう。

とはいえ、ただ寝転がってされるがままになっていればいいというわけではありません。
SMクラブを訪れ、「M嬢」を指名するお客様は、「女性が自分の責めに反応するさまを見て楽しみたい」という願望を持っています。
ただ無言で寝転がるだけでなく、声を出したり体を動かしたりといったことが必要で、実はけっこう体力を使うお仕事でもあります。

また、ある程度の「メンタルの強さ」も求められます。
たとえば「言葉責め」をされるとき、ちょっとキツいことを言われたりすることもあります。
お仕事の場に限らず、人が何気なく口にした言葉も真剣に受け止めてしまい、傷ついてしまいがちという性格の女性は、特に初めのうちは慣れないことがあるかもしれません。
「これはお仕事で言われているだけなんだ」としっかり割り切れる女性こそ、「M嬢」には向いているといえるのです。

まとめ

いかがでしょうか。 今回は、SMクラブの「S嬢」「M嬢」それぞれに向いているのはどんなタイプの女性なのか紹介しました。
「S嬢」も「M嬢」も、単純に「責めるのが好き」「責められるのが好き」という性癖に加えて求められる素質があるということが、お分かりいただけたと思います。
冒頭で書いたように、SMクラブはほかの業種に比べてもらえるお給料が高め。
そんなSMクラブでお仕事をすることを考えているなら、自分に向いているほうを選んだほうが気持ちよく高収入を手にすることができると思います。
ぜひ参考にしたうえで、選んでみてください!