風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > ソープランド > ソープ嬢の一日

ソープ嬢の一日

2017.09.22

職種 | ソープランド

記事画像

今回のパピヨン通信では、ソープランドでお仕事をするソープ嬢の皆さんがどのような流れで1日のお仕事をこなしているのか紹介します。
ソープランドは、以前『ソープランドのお仕事とは?』という記事でもご紹介しているように、数ある業種の中でも特に稼げる額が高い風俗です。
「せっかくならたくさん稼ぎたい」ということで、その具体的なお仕事の内容について関心を持っている女性も多いかと思います。
ぜひ、今回の記事を参考にしてみてください!

ソープ嬢のタイムスケジュール.

ここでは、東京のソープ街・吉原の高級店でお仕事をしているC子さんのタイムスケジュールを紹介します。
C子さんは週3日、12:00~20:00の8時間勤務

定期的に足を運んでくれるリピーターのお客様がいて、出勤日には必ず2~3本のお仕事をこなしています。
2~3本というと少なめに思われるかもしれませんが、C子さんがお仕事をしているのはお仕事1本(120分)につき5万円のお給料が入ってくる高級店。
出勤日には10~15万円は確実に稼いでいます。

【11:30】出勤後、個室で待機

12:00からさっそく1本目の予約が入っているC子さん。
余裕をもって30分前にお店に到着し、退店までのときを過ごす個室に入って備品のタオルの数、ローションの量などをチェックしたり、替えの下着を用意したりとお仕事の準備をします。
C子さんは「部屋持ち」のソープ嬢。
浴室スペースとベッドスペースに分かれている個室は接客の場であり、同時にC子さんにとっては出勤した日の待機場でもあります。
「部屋持ち」は、コンスタントにお客様からの指名が入り、お店に利益をもたらしてくれる女性に専用の個室を与えるというソープランドならではの制度です。

【12:00】1本目の接客開始

準備を終えて待機していると個室に備えつけられた電話が鳴り、1本目の予約をくれたお客様が到着したという連絡が入ります。
個室を出て、待合室から出てくるお客様をお出迎え。
個室にご案内して、お仕事がスタートします。
おしぼりやお茶を出し、ゆっくりくつろぎのひとときを過ごしてもらってから、脱衣、そしてお風呂に移動……という流れでサービスを行います。

【14:00~14:30】次の準備と休憩

14:00、120分コースのお仕事が終わりました。
C子さんがお仕事をしているソープランドではお仕事後、休憩の時間を30分もらえますが、メイクを直したり個室の換気をしたりと、次のお客様を迎えるための準備も行う必要があります。
ただしこの日、2本目のお仕事は15:00から。
計1時間の時間が浮いたので、メイク直しや次の準備に時間をかけることができ、さらにちょっとした食事もできました。

【15:00~19:30】2本目、3本目のお仕事

2本目のお仕事は15:00~17:00。
その後、30分の休憩と準備時間を挟んでから17:30~19:30のサービスをこなしました。
サービスの終了時間が来るとシャワーでお客様の体を流し、服を着てもらい、お茶を出して一服タイム。
フロントに電話をしてお客様がお帰りになる旨を伝え、お見送りします。

【20:00】給料清算、帰宅

同じ「12:00~20:00」の出勤時間でも、20:00にはお仕事を終えてお店を出るというパターンと、20:00までは待機して受付をするというパターンがあります。
C子さんは前者のパターン、「20:00完全アップ」というスケジュールでお仕事をしているので、この日は計3本の接客で終了です。

前述のように、C子さんが働くソープランドは1回の接客で5万円のお給料が発生します。
この日の接客は3回だったので、単純計算でお給料は15万円ということになります。

休日はサウナで心身のケア

ソープ嬢のC子さんは週1回、お休みの日を利用してサウナに通っています。
じっくり汗を流して「ローション抜き」を行うためです。
ソープランドでは、浴室スペースの床にエアマットを置いてお客様の全身をマッサージする「マットサービス」などでローションを大量に使用します。

もちろん毎回お仕事が終わるたびに洗い流しますが、ローションの粒子が残って毛穴や汗腺をふさいでしまうことが少なくありません。
健康に悪影響があるというわけではありませんが、肌荒れを起こしやすくなったりするケースがあるようです。

そこで行うのが、ローション抜き。
サウナで体を温めることで毛穴を開き、汗腺から汗をたっぷり出してローションの粒子を出してしまいます。
毛穴に詰まった皮脂などを出してしまえるのもポイントです。

また、サウナには美肌効果のほかにストレスを解消する効果もあります。
さまざまなお客様に接した1週間、心身に溜まったものをスッキリ発散することができるのです。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、ソープ嬢の1日を追ってみました。
休憩時間に次の接客の準備をしなければならなかったり、スキンケアには特別に気を配らなければならなかったりと大変な面も多いことがわかります。
しかし、高級店で認められると「部屋持ち」になることができ、集団待機が苦手な女性ものびのび働けますし、何よりも1日10万円以上稼ぐことも可能になります。
高級店となると採用のハードルは少し高くなってしまいますが、「せっかくならたくさん稼げるお仕事をしたい」という女性は、ぜひチャレンジしてみてください。