風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > ハンドヘルス > ハンドヘルスのお仕事とは

ハンドヘルスのお仕事とは

2016.01.11

職種 | ハンドヘルス

記事画像

今回ご紹介するハンドヘルスという業種は、数ある風俗業種の中でも「初心者向け」といえます。
「風俗業界で働いてみたいけれど、経験もないし、いきなりハードなお仕事はしたくない……」
そんな女性にぴったりなのが、ハンドヘルスなのです。

「ヘルス」という語こそ入っていますが、ファッションヘルスやデリバリーヘルスで求められる、体を密着させてキスをしたりフェラチオをしてあげたりといったヘルスのサービスは含まれません。
ハンドヘルスでは名称にもある「手」を使ってお客様を喜ばせてさし上げる、そんなサービスです。

この業種が誕生したのは、2000年代の初めごろといわれています。
当時は、男性がアダルトビデオを借りて個室で鑑賞する「個室ビデオ店」に派遣されて、男性のオナニーを手伝ってあげるというコンセプトのお店が多く見られたようです。しかし近年では個室ビデオ店とは関係なく店舗を構えるのが主流になっています。
店舗内にサービス用の個室が設けられているファッションヘルスのようなタイプ、お客様と一緒にラブホテルに行ってサービスをするホテルヘルスのようなタイプがあります。

ハンドヘルスのようにソフトなサービスのみでお仕事がつとまる業種としては、ほかにも「エステ」というものがあります。こちらは「エステマッサージ+ハンドサービス」のお店で、ハンドヘルスと同じくキス、フェラチオなどのサービスはお仕事の内容に含まれません。
ただし、「エステ」の場合はお仕事を開始する前にマッサージの講習を受けたり、お仕事を始めてからもサービスを向上させるために勉強したりといったことが必要です(マッサージが上手な女性は、やはり人気が出やすいのです)。
一方、ハンドヘルスなら特にお勉強しなければならないようなものはないので、その分だけ楽に働くことができます。

男性経験がなくてもOK!

風俗のお仕事を始めるには、プライベートでの「経験」をすませていなければならない。
男性をバッチリ満足させるようなテクニックを持っていなければいけない。

そのようなイメージを持っている女性もいらっしゃるかと思います。
実際、ファッションヘルスやソープランドのようなお店では、手や口を使ってしっかりお客様を気持ちよくしてさしあげる必要があるわけで男性経験の有無はお仕事に関わってきます。
男性に慣れていればその分だけスムーズにサービスができ、喜んでもらえるでしょう。

一方、ハンドヘルスの場合は、風俗経験はもちろんプライベートの男性経験も特に必要ありません。
ハンドヘルスは「3ない」の業種であり、お店によっては「『見るだけ』のコース」も用意されています。

○ハンドヘルスは「3ない」の業種!

・男性の前で服を脱が「ない」
・男性に触られ「ない」
・口や舌を使って舐め「ない」

ハンドヘルスは、これら3つの「ない」がそろった業種です。
「男性とのお付き合いをしたことがないのにキスをしたり、体を触られたりするのには抵抗がある……でも、お金が必要」
そんな女性にとって、ハンドヘルスは抵抗感なくお仕事を始めることができて、ちゃんと風俗ならではの高収入をゲットできる業種なのです。

ハンドヘルスでは、お客様は「60分コース」で10,000円前後の料金を支払います。
うち50~60%が女性へのお給料になりますから、5,000~6,000円ほどが1時間分の収入ということになります。

○「見るだけ」のコースから始めよう!

「手を使って男性に触れるのも、できることなら避けたい」
そんな女性は、ハンドサービスのコースだけでなく、「見るだけ」のコースを用意しているお店を選びましょう。
お仕事の内容は、男性をじっと見ること。
それだけでお給料をもらえます!

このコースを利用するお客様は、「女性に自分の恥ずかしいところを見られたい」という性癖をお持ちです。
店舗内の個室やラブホテルの部屋にて、お客様はオナニーを行います。
その様子を見てあげるのが、女性のお仕事なのです。
「脱がない」「触られない」「舐めない」という3つの「ない」に加えて、「触らない」という4つ目の「ない」が付いた、究極のソフトサービスといえます。

このコースを利用するお客様は女性のルックスに関してこだわりをお持ちの方が多いため、お店でもルックス重視が基本となっています。
「容姿に自信がある」「よくカワイイといわれる」という女性は、ぜひチャレンジしてみてください。

慣れたらオプションで稼ぐ!

「見るだけ」「ハンドサービス」といったハンドヘルスの基本サービスに慣れたら、「オプション」も取り入れていくことをオススメします。

オプションはお客様が好みに合わせて基本サービスにプラスするもので、ハンドヘルスでは「キス」「ヌード」「ソフトタッチ」などが用意されています。
お店によってはコンドームをつけたうえでフェラチオを行う「ゴムフェラ」がオプションとして用意されていることもあるようです。
こうして見ると上に紹介した「3ない」から離れてしまうものが多いですが、オプションを取り入れるかどうかは女性が決められるので安心です。
「キスくらいならしてあげてもいいかも」ということで女性がお店に申し出るまで、お客様は「キス」のオプションを付けられません。
「ヌード」も、「ゴムフェラ」も同じです。

オプションをオススメするのは、そのほうがより多くのお給料を得られるからです。
これらのオプションは、それぞれ最低でも1,000円以上のオプション料金をお客様が支払ってプラスすることになります。
もちろん、そのお金は女性のお給料に反映されます。
お店によっては、「オプション料金は全額が女性の取り分になる」というところもあるようです。
より多くのオプションを付けてもらえば、それだけ稼げる額が多くなります。

まとめ

初心者向けの業種、ハンドヘルスについて紹介しました。
特別なテクニックや男性経験があまりなくても、「がんばってお金を稼ぎたい!」という気持ちさえあればしっかりその希望を叶えられるのがこの業種です。
パピヨンジョブは、各店の求人情報をそれぞれ詳しく掲載し、お店の公式サイトもチェックできるようになっています。お仕事の内容などを確認したうえで、良いお店を見つけてみてください。