風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > イメージクラブ > イメージクラブで働くメリット&デメリット

イメージクラブで働くメリット&デメリット

2018.03.16

職種 | イメージクラブ

記事画像

今回のパピヨン通信では、イメージクラブという業種の風俗店でお仕事をするメリットとデメリットについて取り上げます。
以前、『イメージクラブのお仕事とは』という記事でお仕事内容について解説していますが、今回は実際にお店でお仕事をしてみた場合、どんなメリットが期待できるのか、またどんなデメリットが考えられるのかまとめてみました。
イメージクラブに興味があるという方は、ぜひ応募前にチェックしてみてください!

メリット

まずはイメージクラブ、略してイメクラと呼ばれる業種のお仕事について簡単におさらいしておきましょう。
基本サービスの内容は、ファッションヘルスやデリバリーヘルスといったヘルス系のお店と変わりません。
手や口を使ったサービス、また素股などのサービスを行います。
イメクラならではの特徴は、学生服やOLさんの制服、アニメキャラクターの衣装などを身につけて「イメージプレイ」をする必要があること。
「生徒と先生」
「アニメのヒロインと主人公」
といったシチュエーションの中で「生徒」や「アニメキャラクター」になりきってサービスを行うというのがイメクラのお仕事です。

ヘルスより稼げるお店が多い!

イメクラの大きなメリットは、ヘルス系のお店に比べてお給料の相場が高めであることです。
「アニメキャラにコース時間いっぱい責められたい」
受け身の生徒に夜這いする先生になりたい」
といったお客様の妄想を実現するために時間いっぱい使ってお客様を責めたり、逆に受け身で責められたりと、体力を使うことが多いという特徴があります。
このように女性の負担が大きくなりがちなこともあって、お客様が支払う料金やそこから出る女性のお給料(お客様が支払う料金の50~60%)も高めに設定されています。

オン・オフのメリハリがつけやすい!

イメクラには、お仕事とプライベートのオン・オフのメリハリがつけやすいというメリットがあります。
風俗のお仕事はカフェやコンビニの接客業と違ってお客様との距離が近いこともあり、退勤したあとも「こんなことがあった」「あんなことがあった」と引きずってしまいがちです。
性格の合わないお客様に当たって嫌な思いをすることがあるかもしれません。そんなとき、お仕事とプライベートのオン・オフがうまく切り替えられないとなかなか大変です。
しかしイメクラなら、普段は着ない衣装を身につけてお客様の妄想にもとづいてサービスを行うので、プライベートとは違う「お仕事のキャラ」を作りやすく、オン・オフのメリハリがつけやすいということがいえます。

デメリット

お仕事とプライベートのオン・オフが切り替えやすいので、稼いだお金も楽しく使うことができる、そんなメリットがあるイメクラ。しかし一方で、イメクラならではのデメリットもいくつかあるようです。

ルックス重視のお店が多い…

イメクラを利用するお客様は頭の中で「理想のシチュエーション」を妄想し、それを叶えるためにお店に足を運んでいます。
彼らに満足してもらえるよう、ルックス重視で採用する女性を選ぶお店が少なくありません。
「学生服が似合うあどけなさを感じさせるルックス」
「OLのスーツが似合うオトナの雰囲気を感じさせるルックス」
など、各店がそれぞれのコンセプトに合わせて女性の外見をチェックします。
そんなイメクラでは、容姿にあまり自信がないという女性は興味を持っていてもなかなか採用されるのが難しいかもしれません。

演技が苦手な女性は難しいかも…

さまざまな衣装を身につけ、役になりきることが必要なイメクラは、そもそも「役になりきる」ということが苦手な女性にはなかなかつらいところがあるかもしれません。
「どうしても笑ってしまう」「演技が棒読みになってしまう」という女性はなかなかリピーターを獲得できず、稼ぎが不安定になってしまう可能性があります。
最近では、ファッションヘルスやデリバリーヘルスの多くがオプションで「コスプレ」を用意しています。
普通のヘルスなので衣装は着ても演技は求められません。
「可愛い衣装を着て働いてみたいけど、演技は苦手」という女性はそのようなお店を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はイメージクラブでお仕事をするメリット、そしてデメリットについて取り上げました。
オン・オフの切り替えがしやすいのでストレスをためることもなく、普通のヘルスよりも多いお給料を得て充実した毎日を送れる、そんなメリットがあるイメクラ。
一方でお店のカラーに合わない(ルックスがお店のコンセプトに合わない、イメージプレイができない)場合はお仕事をするのが難しいというデメリットが考えられます。
ただし、お店によっては「容姿不問」「ぽっちゃりさんも働けます!」というところもあります。
まずは求人内容をじっくりチェックしてみたうえで、自分に合うお店を探してチャレンジしてみてください!