風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > デリバリーヘルス > デリバリーヘルスのお仕事とは

デリバリーヘルスのお仕事とは

2016.01.18

職種 | デリバリーヘルス

記事画像

今回は現在、風俗業界でもっとも求人の数が多い業種となっているデリバリーヘルスについて紹介します。
デリバリーヘルスは1990年代の後半に誕生しました。
お店にとっても、風俗を利用するお客様にとっても、そしてもちろん働く女性にとっても、いろんな意味でメリットがある業種とされています。

デリバリーヘルスではお客様からの希望に合わせて、ご自宅やホテルへ女性を派遣し、ヘルスのサービスを提供します。
女性を「デリバリー」してヘルスサービスを提供することから、デリバリーヘルスという名称になっています。
略して「デリヘル」と呼ばれることもあります。 お客様にとっては、「自宅やホテルの部屋というリラックスできるプライベート空間で楽しめる」「わざわざ外に出る必要がない」といったメリットがあります。
自宅デート、ホテルデートの気分を味わうために利用する方、出張や観光の旅行で時間を見つけて利用する方などがいらっしゃるようです。

一方、お店としてはデリバリーヘルスを運営するにあたって、お客様を迎える店舗を用意する必要がありません。
電話とパソコンを置く事務所と、女性が待機できる場所があれば開業できます。
店舗が必要な業種に比べて開業が容易なので、2000年代初めにはちょっとした「デリヘル開業ブーム」が起きたほどでした。
パピヨンジョブで求人を紹介しているお店の中には、そのころからずっとお客様に愛されているという老舗もありますし、最近開業したばかりのお店もあります。

働く女性にとってのメリットとして、ここでは2つの例を挙げて紹介します。

誰もが“自分のお店”を見つけられる!

一つ目のメリットは、今の自分にピッタリな、いわば「自分のお店」を簡単に見つけられること。
風俗店で活躍できるのは、若くて、スリムで、胸が大きくて、可愛らしい雰囲気がある女の子。
そんな思い込みがあるために、デリバリーヘルスの求人に応募できないでいる女性も少なくないと思います。
「ひょっとしたら大丈夫かも……いや、たぶんダメだろうな……でもひょっとしたら?」みたいな思考のサイクルにいったんハマってしまうと、なかなか前に進めないものです。

しかしデリバリーヘルスの場合は、そこで無駄な時間を過ごす必要はありません。
なぜなら現在、デリバリーヘルスは店舗数という点ではあらゆる業種の中でもダントツ1位を誇っており、さらに多種多様なお店があるからです。

確かに、「若くてスリムで胸が大きくて、可愛らしい雰囲気を持った女の子」だけを採用する、というお店もあります。

一方、デリバリーヘルスには「若くない」「スリムではない」「胸は大きくない」という女性でも採用してもらえる、むしろ年齢を重ねているからこそ、ぽっちゃり体型であるからこそ採用してもらえる、個性を活かせる「専門店」もあります。
30代、40代、50代、またそれ以上の女性を募集している人妻・熟女専門のデリヘルやぽっちゃり専門、微乳(貧乳)専門のデリヘルなど、専門店の幅も非常に広くなっています。

また、「タトゥー・刺青ありでもOK」というお店も、見つけることができます。
清楚で可愛らしい雰囲気を好む男性が多い傾向にある昨今、タトゥーや刺青などはマイナス・ポイントになってしまいがちです。
高級デリヘルなどではそのあたりに厳しいところもあるようです。しかし「OK」のお店なら、不安に思うことなく応募できるでしょう。

パピヨンジョブでは、『おしごと検索』で「ぽっちゃり歓迎」や「Aカップ歓迎」など、個性重視のこだわりに合わせてお店を見つけることが可能です。「自分のお店」を探すのに、ぜひご活用ください。

最も自由度が高い業種

デリバリーヘルスでのお仕事、二つ目のメリットは「自由度の高さ」です。

お仕事をするにあたって、「この時間に働きたい」「こんな環境で働きたい」という希望があると思います。
もちろん「好きなタイミングでお給料が上がる」とか、「イケメンからの注文しか受け付けない」とか、そのような希望は叶えることができませんが、働く時間や待機場所については、女性の都合に合わせてかなり自由に決められるようになっているお店があるのです。

○深夜・早朝も働ける!

風俗店に関する法律のルールには、「深夜0時には閉店しなければならない」というものがありますが、デリバリーヘルスは、上にも書いたように店舗がありません。
そのため例外的に、深夜0時以降の営業も認められています。
午前10時からお昼、夜をこえて早朝5時までという営業時間のお店もありますし、思いきって24時間体制にしているお店もあります。
このようなお店なら、大学や会社があるのでお昼や夕方の時間帯には働けないという方や、できるだけ長い時間出勤してたくさんお給料を得たいと考えている方も、希望に合った働き方ができます。
「今日はお昼、明日は深夜」というふうに、日々の都合に合わせて出勤時間を決められるのもポイントです。

○ネカフェ、自宅待機OKのお店あり!

風俗店では、入店したばかりで多くのお客様に興味を持ってもらえる新人期間中、あるいは連日予約がたくさん入るランカー嬢(お店の「人気ランキング」で上位に入る女性)の場合を除いては、出勤してから退勤するまで切れ目なくお仕事が入る、ということはなかなかありません。
合間合間にお客様を待つ時間をはさみつつお仕事をすることになります。

デリバリーヘルスでは、この待機時間を過ごす場所について自由に選ぶことができます。
お店が用意する待機場所以外に、お店の事務所に近いネットカフェで待機時間を過ごせるというところもあるようです。もちろんネットカフェの利用料金はお店持ちです。
また、「自宅待機」が可能なお店もあります。
当然、ある程度お店の事務所から遠くないことが条件になりますが、空いた時間は家で好きに過ごせますしケータイをもって近所に外出するくらいならOKなのでちょっとしたお買い物くらいならできます。

まとめ

いかがでしょうか。
デリバリーヘルスには幅広いタイプのお店があり、個々の都合に合わせた働き方が可能です。
パピヨンジョブでは、各店の「応募資格」や「待遇」のチェックが可能です。
また、待遇やこだわりなどいろいろな条件に合わせて求人を探していただけるので、自分に合うお店を見つけるのにお役立てください。