風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > デリバリーヘルス > デリヘル嬢の一日

デリヘル嬢の一日

2017.07.28

職種 | デリバリーヘルス

記事画像

今回は、パピヨンジョブでも掲載数が多い業種、デリヘルでお仕事をする女性の皆さんが1日、どんな流れでお仕事をしているのか、紹介したいと思います。
これからデリヘルでお仕事をしてみたいと考えている女性は、ぜひ参考にしてみてください!

デリヘル嬢のタイムスケジュール

ここでは、東京のデリヘルで働く「A子さん」のタイムスケジュールを紹介します。
A子さんは現在23歳。
週4日、11:00~19:00の8時間勤務。
出勤すれば指名の電話が安定して3~4本鳴る一般的なデリヘル嬢です。

【9:00】1日の始まりは出勤確認電話から

午前9時、ケータイに「出勤確認電話」が掛かってくるところから、A子さんの1日は始まります。
出勤の確認がとれると、お店のウェブサイトに「出勤確定!」という情報が上がります。
それを見たお客様が予約電話を入れるのです。

【10:45~11:00】事務所に出勤後、待機室へ

出勤時間の15分ほど前に、A子さんは余裕をもってデリヘルの事務所に到着。
待機室でスタッフからのお呼びがかかるのを待ちます。
待機室では、同じく午前中から出勤している仲良しのデリヘル嬢とお喋りをしたりして過ごします。
最近ではみんなで待機する大部屋とは別に個室が用意されているお店も多いので、お呼びがかかるまでひとりで過ごすことも可能です。

この日は、出勤情報を見た本指名のお客様から、さっそく60分コースで指名予約の電話が入りました。
時間は11:45からと決まり、待機室のA子さんに声がかかります。
待機室に連絡が入るとA子さんは歯磨きやメイクの仕上げをして、事務所を出て車へ。

【11:15~16:30】ホテルからホテルへ

11:45にホテル到着、サービスを開始します。
お金を受けとり、お店に電話を入れてタイマーをセットし、お客様と一緒にシャワーを浴びてからサービス開始です。
1日に何回もシャワーを浴びるので、A子さんはお肌に優しい保湿成分が含まれているボディーソープを使っています。

その頃、デリヘルの事務所の電話が相次いで鳴り、本指名のお客様、新規のお客様からそれぞれ90分コース、60分コースの指名予約が入りました。
お店では「13:30~15:00」「15:30~16:30」の仮予約をとって、そのことをA子さんにメールで通知します。
仮予約をとっていたお客様は、30分前にお店に「確認電話」をして予約を確定させることになっており、お仕事が長引いてしまった場合には時間をずらして調整します。

この日は、お仕事が長引いたりすることもなく、16:30までスムーズにお仕事をすることができました。

【16:30~18:00】休憩は待機室や喫茶店で

3連続で指名が入り、お仕事を頑張ったA子さん。
その間、新たに「18:00~19:00の60分コース」の指名予約が入りましたが、16:30~18:00は予定が空いた状態になっています。
もちろん、2時間の間に60分コースの指名が入る場合もありますし、出勤している女性が全員出払っている中でフリーのお客様が電話してきた場合にはA子さんの出番となりますが、電話が入らなかった場合は丸ごと休憩時間です。

この日は3人目のお客様のホテルがデリヘルの事務所に近かったので、待機室で次のお仕事を待つことになりました。
食事をとり、ゆっくりと過ごします。
ただし、日によっては休憩を過ごす場所は変わることがあります。
ホテルからホテルへの距離がそれほど離れていなかったり、時間がそれほど長く空いていなかったりするときは、わざわざ事務所へ戻らずにホテルの近くの喫茶店などで休憩時間を過ごす場合もあるようです。
また、自宅待機ができるというお店もあります。

【19:00】1日の終わりは事務所で給料清算

十分に休憩をとったあと、4人目のお客様のもとへ。
滞りなく60分コースのお仕事をこなし、19時に事務所に帰ります。
事務所では、お給料の清算が行われます。

A子さんが働いているデリヘルの歩合給は、60分コースで9,000円、90分コースで12,000円と決まっています。
また、毎回指名料1,000円がプラスされるので、その日のお仕事で彼女が受け取れるのは単純計算で42,000円ということになります。

移動時間の過ごし方

デリヘル嬢のお仕事には、移動時間がつきものです。
A子さんのタイムスケジュールを例にとると、出勤時間のうち、約2時間は街を事務所からホテルへ、またホテルからホテルへと移動しています。
この時間、もちろん次のお仕事への「充電時間」でもありますが、ただ休んで充電するだけでなく、この時間を有意義に活用することも考えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、移動時間を利用してブログを更新したり、お客様にお礼のメッセージを送ったりしているという女性がいます。
最近は、お店のサイトを通じてメッセージのやり取りができるというデリヘルも多く、彼女たちもそのような機能を活用しているのです。
これからお仕事を始めるところがそのようなシステムを導入しているお店だった場合、積極的に活用し、移動時間も有効に使ってお客様に良い印象を与えられるようにしてみると、より次の指名につなげやすくなるのではないかと思います。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、デリヘル嬢が過ごす1日を追ってみました。
移動が多くなかなか忙しい日々を送っていることがわかると思いますが、コンスタントに指名をもらえるようになれば、A子さんのように出勤日には余裕で40,000円以上稼ぐことができるようになるでしょう。
ぜひ、参考にしたうえでチャレンジしてみてください!