風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > プロダクション > プロダクションのお仕事とは

プロダクションのお仕事とは

2017.06.16

職種 | プロダクション

記事画像

これまで、パピヨン通信ではパピヨンジョブで紹介しているさまざまな求人の業種について解説してきましたが、今回ご紹介するのは「プロダクション」という業種。
「Production」は、英語本来の意味では「製造」「制作」という意味の言葉ですが、ここでいう「プロダクション」は和製英語。
「芸能事務所」「映像制作事務所」といった意味で使われています。
パピヨンジョブで女性の皆さんに紹介しているのは、主にアダルト向けの映像作品などに出演する女優さん、モデルさんを募集しているプロダクションの求人です。

アダルト向けの映像作品は、1980年代にビデオが登場して一気に発展しました。
近年ではネット配信なども行われるようになって、より多くの人が目にするものとなっています。
その結果、作品数も増え、制作の体制が整い、女優さんのマネージメントを行うプロダクションも増えていったのです。
最近では、「アダルト向けの映像作品」という枠を超えてアイドル、タレントとして活躍している女優さんも増えています。
ある意味、ここで取り上げるプロダクションは芸能界への登竜門的な役割を果たしているともいえるでしょう。
華やかな世界に憧れる女性にとって、プロダクションの求人に応募することがひとつのきっかけになるかもしれないのです。

「AV女優」のお仕事について

プロダクションに採用されれば、華やかな世界への扉に手をかけるチャンスをつかむことができます。
しかし、もちろんそれだけではなく、プロダクションの求人は「お金を稼ぎたい!」という女性にもオススメです。

映像作品に出演するギャラは一般向けの映画やドラマでも破格で、芸能プロダクションに所属する人気の俳優さんともなると1話あたりのギャラは100万円以上、ということも珍しくありません。
もちろん所属する芸能プロダクションの利益もそこから出ることになるわけですが、それでもかなりの額が本人の手取り分になります。

では、パピヨンジョブで紹介しているプロダクションに所属して映像作品に出演するとなると、どれほどのお金を稼ぐことができるのでしょうか?

「単体女優」と「企画女優」

アダルト向けの映像作品に出演する女優さん、いわゆる「AV女優」は「単体女優」「企画女優」の2種類に分かれており、それぞれの女優さんでお仕事のカタチもちょっと違い、ギャラの額も変わってきます。

「単体女優」の皆さんは、作品のタイトルに名前が入り、グラビア写真集に載るような写真がDVDやブルーレイのパッケージに載ります。
彼女たちは作品を制作するAVメーカーと専属契約を結び、メーカーは彼女たちの魅力や存在感をメインにした作品づくりを行うのです。

一方、AVメーカーは作品のタイトル、あるいはパッケージに女優さんの名前を出さない、女優さんの存在感よりも作品のストーリーやシチュエーションをメインで見せるつくりの作品も制作します。
このような作品は「企画作品」と呼ばれ、ここに出演する女優さんは「企画女優」と呼ばれます。

「単体女優」のお給料

「単体女優」は、顔と名前が大きくパッケージに出るかわりに、視聴者は「彼女を見たい」という思いから作品を購入したり、レンタルしたりします。
そのような理由からギャラは高く、それこそ一般向けのドラマに出演する俳優さんなどと同レベルの、あるいはそれ以上のギャラが支払われることもあるようです。
AVメーカーは、専属する「単体女優」の作品を月2本ずつのペースで制作するのが一般的であり、作品1本あたりのギャラは100~200万円、人気が高まればそれ以上も期待できます。
慣例によってギャラの60%はプロダクションの利益とされるので、月2本の出演で女優さんが得るのは80~160万円ということになります。

「企画女優」のお給料

一方、「企画女優」の場合はひとつのメーカーに専属せず、プロダクションを通じてさまざまなメーカーのお仕事をもらったり、オーディションを受けたりして、月に何本でも出演できます。
1本あたりのギャラは50~80万円ほど。仮に5本の作品に出演したとするなら、プロダクションの利益分を引いて100~160万円ということになります。

ひと月100万円前後のお金を稼げるお仕事、それが「AV女優のお仕事」なのです。

「お金は稼ぎたいけど『顔出し』はしたくない」

プロダクションの求人では、アダルト向けの映像作品に顔を出して出演する女優さんだけを募集しているわけではありません。

そんな女性には、たとえば「アマチュア撮影会のモデル」のようなお仕事を紹介してくれます。
写真スタジオなどで、アマチュアカメラマンの皆さんが個人的な楽しみのために撮る写真のモデルになってあげるというお仕事です。
これなら世間に広く顔が出るわけではないので安心できるでしょう。
撮影会1回で10~20万円のギャラが発生するようです。

あるいは、「パーツモデル」という種類のお仕事も紹介してもらえます。
バストやヒップ、脚など一部分のみを撮影するもので、宣材写真やサイトデザイン用の画像などに使われます。
1回の撮影で5万円ほどのギャラが期待できます。
プロダクションに所属して、声がかかったときに都合がよければ撮影に参加する、という副業アルバイト的な感覚で働けるお仕事です。

まとめ

アダルトな業界で活躍する女優さん、モデルさんを募集するプロダクションについて紹介しました。
有名になりたい女性、お金は稼ぎたいけど顔は出したくない女性など、さまざまな女性に向いているお仕事を紹介してもらえます。
映像作品への出演に興味がある、顔や体にはちょっと自信がある、という女性はぜひチャレンジしてみてください!