風俗求人パピヨンジョブ > パピヨン通信 > 職種記事一覧 > ファッションヘルス > ファッションヘルスのお仕事とは

ファッションヘルスのお仕事とは

2016.01.10

職種 | ファッションヘルス

記事画像

「とにかくお金をいっぱい稼ぎたい!」「せっかくなら若いうちにオンナの武器を使って働いてみたい」……などなど、パピヨンジョブではさまざまな理由から風俗求人に興味をお持ちの女性の皆さんに、お住まいの地域で応募できる風俗求人をご紹介しています。
そんな中、特にここで紹介するのはファッションヘルスという業種です。

ファッションヘルスには長い歴史があり、1970年代の終わりごろに確立された業種だといわれています。
1990年代に登場したデリバリーヘルスやホテルヘルスなどの「ヘルス系」の業種は、すべてこのファッションヘルスから派生したといっても過言ではありません。
オリンピックイヤーの2020年が近づいている今、創業10年以上の「老舗」が多く、中には看板を掲げてから30~40年たつという「超老舗」のお店もあります。

「老舗」などと聞くと、いかにも古くさそうな感じがするかもしれません。
しかし逆に考えると、長く営業を続けていられるということはそれだけ多くのお客様から信頼され、女性が安心して働ける環境を整えているお店であることを意味します。

風俗求人への挑戦は初めてという女性も、老舗ならではの細やかさで優しくお仕事について教えてもらうことができ、安心して働けるでしょう。
どの業種で働こうか迷っている方はぜひ一度、お住まいの地域でファッションヘルスを検索してみてください。
北は北海道から南は九州まで、ファッションヘルスの求人は全国で見つけることができます。
ただし九州では「トクヨク」という名称で営業しているので、注意しましょう。

安心できる「店舗型風俗」

ファッションヘルスの店舗が建ち並ぶ街で1軒のお店に入ると、まず正面に見えるのはお客様のための受付スペース、そのわきに待合室です。
受付と待合室にはカメラが設置されており、その映像は店内のいろんな場所に設置されているモニターに、リアルタイムで映し出される仕組みになっています。
受付スペースの奥は、シャワー付き個室がずらりと並ぶエリアになっていて、この個室でお客様へのサービスを提供します。
そのほかに男性スタッフが詰めている控室や、女性がお仕事の合間の時間を過ごす待機室があります。

このように、ファッションヘルスはひとつの店舗にすべての設備がそろっている「店舗型風俗」のお店です。
そしてそれこそが、ファッションヘルスの「安心して働ける」という最大のメリットを支えています。
店舗の中にすべてがそろっているお店だからこそ、女性はいろんな意味で安心できるのです。

○安心・その1「すぐ近くに男性スタッフが控えています」

ファッションヘルスのサービスは、シャワーでお客様の体を流してあげてからベッドへ移動し、手や口を使ってサービスを行うのが基本です。
フェラチオや素股でフィニッシュへと導きます。
この素股はファッションヘルスが確立し、現在ではデリバリーヘルスやホテルヘルスなどでも基本サービスとなっています。
ほかに、オプションとしてピンクローターなどのグッズを使ったプレイを行ったり、AFなどのマニアックなプレイを行ったりすることがあります。
お客様が支払うオプション料金はお給料に加算されますが、オプションをOKにするかNGにするかは働く女性が決められるので、どうしてもムリな場合はきちんとお店に申し出ましょう。

さて、ヘルス系のお店ではこのような内容でお仕事をするわけですが、お客様の中にはいささか勘違いされている方もいらっしゃいます。
基本サービスにもオプションにも含まれていないことを求めてくる、ということがあるようです。
やんわりと注意して引き下がるお客様ならまだマシですが、そうでない方もいらっしゃるようでその場合はなかなか面倒です。

そんなとき、店舗型のファッションヘルスなら個室のすぐ外にお店の男性スタッフがいるので安心です。
彼らは受付に立ったり廊下の掃除をしたりしながら個室の状況に目を光らせているので、異変があればすぐに駆けつけてくれます。
また、そういう環境があることをお客様もわかっているので、そもそもファッションヘルスでは勘違いをなさっている方が来にくい、ということもあります

○安心・その2「“知り合いにバレる”可能性はほぼゼロ!」

ヘルス系のお店に限らず、風俗店で働くときにいちばん気になるのは、「知り合いや家族に働いていることがバレてしまうかもしれない」ということではないでしょうか。 彼らが偶然、お客様としてお店を訪れ、鉢合わせをしてしまう!
そんな神様の残酷なイタズラ的なアクシデントが起こってしまったら……。

このような不安を解消するには、「普段の行動範囲から離れたところでお仕事を探す」といった対策が考えられます。パピヨンジョブでは全国の風俗求人を調べられるので、ぜひご活用ください。
また、近年は「寮付き」「出稼ぎOK」のお店が増えています。思いきって遠方でそのようなお店を探して働くのも一つの手です。

さらに、ファッションヘルスでは、上でも書いてあるように、受付や待合室の様子をカメラが撮影しています。
その映像は待機室などに設置されたモニターでチェックできるので、知り合いが現れた場合はスタッフにその旨を伝えると、鉢合わせしないように配慮してもらえます。
遠方では良い求人を見つけられなかったので仕方なく地元で働いている場合も、このようにして不安を解消できるのです。

短時間でしっかり稼げる

ファッションヘルスの特徴のひとつは、コース時間が短めになっていることです。
短くて20分、長くても60分というのが一般的です。その時間内でサービスをこなすことになります。
1回こなすごとに、お店によってまちまちですが3,000~10,000円の歩合給が発生します。

20分コース1回で3,000円と仮定すると、立てつづけに4回お仕事が入れば、単純計算で12,000円となります。
わずか1時間半で、時給1,000円のアルバイトさんが頑張って手にする日給以上の金額を稼ぐことができるわけです。
オプション料金や指名料(2回目以降の指名でお客様が支払う料金)もプラスされると、さらにお給料額は大きくなります。
ですから初めてのお客様には、次もまた指名していただけるよう愛想よくふるまい、丁寧なサービスを心がけることが大切です。

また、たくさんのお客様がいらっしゃるので中には、性格的に合わなかったり生理的にムリと感じてしまうような方だったりということもあるかと思います。
しかしコース時間が短めなので、精神的なダメージをそれほど受けずにすみます。
特に20分コースの場合、シャワーや脱衣の時間を抜くと実質的なサービス時間は10分あるかないかという感じで、サービス以外の時間を長々と過ごす必要がありません。
テキパキ動く必要があるので体力が必要ですが、精神的な面での負担は非常に小さいのです。

まとめ

あらゆる「ヘルス系のお店」のもとになったファッションヘルス、そのお仕事内容やメリットについてまとめました。
「安心できる環境で働きたい」
「別の仕事もしているので短時間で稼げる業種を選びたい」
「長い時間お喋りをしたり、接客したりするのは苦手」 そのような方は、ぜひ一度、当サイトで求人をチェックしてみてください。